ニュース&トピックス

中国淘宝网(タオバオ),易趣網(アリババ),中国の安心仕入れ代行|くるくるショッピング

淘宝網(taobao/タオバオ)安心購入

取扱商品例
取寄せサイト
taobao アリババ 各工場交渉 拍拍 卓越 each
取扱い金融機関
RULES / PRIVACY
外国為替情報
Yahooファイナンス
11月22以降中国人民元 1元=18.93にて取引させていただきます。為替市場の状況により変動する場合がありますので、あらかじめ御了承ください。
タオバオ、アリババ代行での気軽なご依頼から中国全地域代行として企業間の取引依頼まで繋がる安心の架け橋
CJS  CHINA JAPAN Service 
 | RSS |
投稿日時: 2017/11/22

 産経より

 将棋の王座戦1次予選で公式戦通算50勝目を挙げ、平藤真吾七段(右)と対局を振り返る藤井聡太四段=21日午後、大阪市の関西将棋会館
http://www.sankei.com/apr_photo/images/v1/common/icon_content_linkzoom.png); background-color: rgb(42, 42, 42); width: 36px; height: 36px; position: absolute; right: 0px; bottom: 0px; border-top-left-radius: 36px; cursor: pointer; background-position: 10px 14px; background-repeat: no-repeat no-repeat;"> 

 将棋界最多の29連勝を達成した藤井聡太四段(15)は21日、大阪市の関西将棋会館で指された王座戦1次予選で平藤真吾七段(54)を破り、最年少の15歳4カ月で公式戦通算50勝目を挙げた。これまでは羽生善治棋聖(47)の16歳6カ月。
藤井四段の通算50勝到達はプロ入り後1年1カ月。中学生でプロ入りした中では、最速だった羽生棋聖の1年3カ月を上回るペースとなった。

 将棋の王座戦1次予選で平藤真吾七段(右)と対局する藤井聡太四段。公式戦通算50勝目を挙げた=21日、大阪市の関西将棋会館
http://www.sankei.com/apr_photo/images/v1/common/icon_content_linkzoom.png); background-color: rgb(42, 42, 42); width: 36px; height: 36px; position: absolute; right: 0px; bottom: 0px; border-top-left-radius: 36px; cursor: pointer; background-position: 10px 14px; background-repeat: no-repeat no-repeat;"> 

 昨年12月のデビュー戦で、現役最年長記録を持つ加藤一二三・九段(77)に勝ってから無敗を続け、今年6月に新記録を達成。7月には初黒星を喫したが、その後も順調に白星を重ね、公式戦が節目の50勝6敗(未放送のテレビ棋戦は除く)となった。
今後、八大タイトル戦の叡王戦では本戦トーナメントに進出しており、1回戦でトップ棋士の深浦康市九段(45)と対戦。最年少プロがどこまで勝ち進むか注目が集まっている。

◇ 藤井聡太四段の話 勝ちを意識したのは最後の最後。(通算50勝は)積み重ねてきたものが節目の数字になって感慨深い。

 将棋の王座戦1次予選で公式戦通算50勝目を挙げ、笑顔で対局を振り返る藤井聡太四段=21日午後、大阪市の関西将棋会館
http://www.sankei.com/apr_photo/images/v1/common/icon_content_linkzoom.png); background-color: rgb(42, 42, 42); width: 36px; height: 36px; position: absolute; right: 0px; bottom: 0px; border-top-left-radius: 36px; cursor: pointer; background-position: 10px 14px; background-repeat: no-repeat no-repeat;"> 


投稿日時: 2017/11/18

 男子ゴルフのダンロップフェニックスは18日、宮崎フェニックスCC(7027ヤード、パー71)で最終日が行われ、今年の全米オープン覇者のブルックス・ケプカ(米)が、1イーグル、4バーディー、2ボギーとスコアを伸ばし、通算20アンダーで大会連覇を飾った。

松山英樹は、3番パー3で自身初のホールインワンを達成するなどスコアを二つ伸ばしたが、10アンダーで5位だった。

ダンロップ・フェニックス第3日(18日・宮崎県フェニックスCC=7027ヤード、パー71)連覇を狙う全米オープン選手権覇者のブルックス・ケプカ(米国)が8バーディー、1ボギーの64で回り、通算16アンダーの197で2位に4打差をつけ首位を守った。2位から出た松山英樹は71とスコアを伸ばせず、8アンダーの6位に後退した。

 

 通算12アンダーの2位は李尚熹(韓国)。さらに1打差の3位に昨季米ツアー2勝、24歳のザンダー・シャウフェレ(米国)、9アンダーの5位は武藤俊憲。63をマークした宮里優作が4アンダーの16位に浮上し、石川遼はイーブンパーの37位となった。(出場65選手、雨のち曇り、気温15・7度、西南西の風1・0メートル、観衆4152人)

 

  男子ゴルフのダンロップ・フェニックスは17日、宮崎県フェニックスCC(7027ヤード、パー71)で第2ラウンドを行い、連覇を狙う全米オープン選手権覇者のブルックス・ケプカ(米国)が1イーグル、4バーディー、3ボギーの68と伸ばして通算9アンダーの133で首位を守った。1打差の2位はともに67で回った松山英樹とH・W・リュー(韓国)が続いた。

 

 通算7アンダーの4位に稲森佑貴ら4人。石川遼は1オーバーの36位で、日本ツアー今季6戦目で初の予選通過。宮里優作は4オーバーの58位。4オーバーまでの65人が決勝ラウンドに進み、賞金ランキングトップの小平智は体調不良で棄権した。(賞金総額2億円、優勝4000万円)


投稿日時: 2017/10/10

  日本版の衛星利用測位システム(GPS)を担う政府の準天頂衛星みちびき4号機を搭載したH2Aロケット36号機が10日午前7時1分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。みちびきは日本の独自の測位衛星で、来年度から4基体制による本格運用が始まる。

 みちびきは電波で地上の位置を計測するための測位衛星。平成22年に1号機を打ち上げ、今年度に予定した3基の打ち上げがこれで完了。計4基で来年4月から高精度の位置情報を24時間提供する。

 車線変更などの際にセンチ単位の位置情報が必要になる車の自動運転の実用化に大きな役割を担う。後継者不足が課題の農業分野では農機の無人運転に役立つと期待される。小型無人機ドローンを使って離島に物資を輸送するなど物流面の用途も見込まれている。


投稿日時: 2017/09/09

  陸上男子短距離の桐生祥(よし)秀(ひで)(21)=東洋大=が9日、福井・福井運動公園陸上競技場で行われた日本学生対校選手権100メートル決勝で、9秒98の日本新記録をマークした。

 日本選手が100メートルで10秒の壁を破ったのは史上初めて。伊東浩司(当時・富士通)が1998年12月のアジア大会(バンコク)準決勝で出した日本記録10秒00(追い風1・9メートル)を18年7カ月ぶりに更新した。産経より

 


投稿日時: 2017/08/31

 [香港 31日 ロイター] - サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選が31日に各地で行われ、B組の日本代表はホームでオーストラリア代表を2─0で下し、6大会連続出場を決めた。 

本田圭佑、香川真司、岡崎慎司といった経験豊富な選手がベンチスタートとなった日本は、前半41分にDFラインの裏に飛び出した浅野拓磨が長友佑都のクロスから先制点をマークした。 

そして後半37分には井手口陽介がミドルシュートで追加点。22歳の浅野、21歳の井手口と若い世代の活躍で勝利した。この結果、勝ち点を20に伸ばした日本はB組首位での予選突破が決まった。サウジアラビアとオーストラリアが同16、アラブ首長国連邦(UAE)が同13で続く。 

A組では韓国が、すでにW杯出場を決めているイランとホームでスコアレスドローに終わり、出場権獲得は最終戦まで持ち越しに。韓国は勝ち点14で2位、カタールに3─1で勝利したシリアが同12、中国に0─1で敗れたウズベキスタンも同12で追いかけている。


投稿日時: 2017/08/24

  第99回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟など主催)の決勝戦が23日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われ、花咲徳栄はなさきとくはる(埼玉)が広陵(広島)を14―4で破り、春夏通じて甲子園初優勝を果たした。

 埼玉県勢としても夏の全国制覇は初めて。

 花咲徳栄は五回、打者10人で5長短打を集めて6点を挙げると、六回にも4点を奪って試合を決めた。

 今大会で史上最多の6本塁打を放った広陵の中村奨成しょうせい(18)は、決勝でも3安打を放ち、個人の1大会最多安打記録の19に並んだ。読売より

 


投稿日時: 2017/08/22

  ホンダは21日、平成29年上期(1~6月)の小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の出荷数量が前年同期比約2・7倍の24機になったと発表した。米国とカナダ、メキシコ、欧州で受注が増え、この期間の小型ビジネスジェット機の出荷では世界トップだった。ホンダは30年度末までにホンダジェットの生産量を現在の月産4機から7機程度まで増やす方針で、増産で納期の短縮を目指す。

 ホンダジェットは最大7人乗りで、エンジンを主翼の上に配置した外観が特徴。価格は450万ドル(約4億9千万円)。27年12月から納入を始めており、北米や中南米、欧州を中心に100機を超える受注がある。29年は年間で50~55機の出荷を予定するが、今後は米国の工場をフル稼働させ、年間80~100機まで生産能力を増強して、需要増に対応する。

 ホンダジェットの開発を進めてきた米子会社「ホンダ エアクラフト カンパニー」の藤野道格社長は声明で「性能や快適性、使い勝手の良さで非常に高い評価を頂いてうれしく思う」とコメントした。ホンダは納入開始から5年後を目安に事業の黒字化を目指す方針を示している。産経より


投稿日時: 2017/08/07

 最終ラウンド、18番でバーディーを決め、ガッツポーズの松山英樹。逆転優勝を果たした(6日、ファイアストーンCC)=AP

最終ラウンド、18番でバーディーを決め、ガッツポーズの松山英樹。逆転優勝を果たした(6日、ファイアストーンCC)=AP

 【アクロン(米オハイオ州)=共同】男子ゴルフの世界選手権シリーズ、ブリヂストン招待は6日、米オハイオ州アクロンのファイアストーンCC(パー70)で最終ラウンドが行われ、4位から出た松山英樹はボギーなしの1イーグル、7バーディーの61をマークし、通算16アンダーの264で2位に5打差をつけて逆転優勝を果たした。

 米、欧州ツアーを兼ね、強豪が集う世界選手権シリーズでは昨年10月のHSBCチャンピオンズ以来となる2勝目。賞金166万ドル(約1億8400万円)を獲得した。米ツアーは今季3勝目で、自身の持つ日本勢の通算最多勝利数を5勝に伸ばした。

 2位はザック・ジョンソン、3位は通算10アンダーのチャーリー・ホフマン(ともに米国)だった。小平智は5オーバーの47位、谷原秀人は6オーバーの50位。


投稿日時: 2017/07/11

 将棋界の最多連勝記録を30年ぶりに塗り替えた最年少棋士、藤井聡太四段(14)は11日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた若手棋士らが参加する加古川青流戦トーナメント3回戦で都成(となり)竜馬四段(27)を破り、ベスト8に進出した。30連勝がかかった7月2日の対局に敗れ、記録はストップしたが、その後は仕切り直して2連勝。19日には15歳の誕生日を控え、「ゴールキーパーが前に出て戦うようなもの」とベテラン棋士もうならせる豊かな発想の将棋で、14歳最後の公式対局を白星で飾った。

 

 3度目となった都成四段との対戦は、持ち時間各1時間の早指し戦。藤井四段は白色と紺色のレジメンタルタイを締めた紺色のスーツ姿に、トレードマークの空色のリュックサックを携え先に入室。静かに対局の時を待った。

前回の対局に続き中飛車の戦型を選んだ都成四段に対し、後手番の藤井四段は、居飛車で応じたが中盤、5筋に飛車を振って対抗。その後、玉を四段目まで進める展開となり、インターネット中継で解説をしていた勝又清和六段と藤森哲也五段が「ゴールキーパーが前に出ているようなもの」と驚きの声を上げて戦局を見守った。その後も形勢が入れ替わる難しい局面が続いたが、持ち前の終盤力を発揮し、130手で都成四段を下した。


投稿日時: 2017/06/19

 


  • 18番ホールで歓声に応える松山英樹(AP)

 男子ゴルフの今季メジャー第2戦、全米オープン選手権は18日、米ウィスコンシン州エリンのエリンヒルズ(パー72)で最終ラウンドが行われた。

 6アンダーで首位と6打差の14位から出た世界ランク4位の松山英樹は、8バーディー、2ボギーで6打伸ばして通算12アンダー。首位と4打差の2位だった。

 世界ランク22位のブルックス・ケプカ(米)が、14番から3連続バーディーを奪うなど、67をマークし、通算16アンダーで優勝した。

 松山は1、4、5番でバーディーと好調な立ち上がり。6番はボギーとしたが、ショットの安定感は変わらず、11、12番で連続バーディーを奪うと、14番パー5でも、楽々、バーディー。15番ではティーショットを左ラフに入れて、ボギーをたたいたが、続く16番パー3、最終18番でバーディーをマークし、一時は首位と1打差に迫った。

 35位スタートの小平智は3バーディーを奪ったが、2ボギー、1ダブルボギー、1トリプルボギーと乱れ、76で通算3オーバーの46位。51位で出た宮里優作は79で通算9オーバーの60位だった。

<全米オープン 2日目◇16日◇エリンヒルズ(7,741ヤード・パー72)>

海外男子メジャー第2戦「全米オープン」は2日目の競技をスタートした。初日2オーバー82位タイとやや出遅れた松山英樹だったがいよいよエンジン全開。7バーディ・ノーボギーの“65”と猛チャージで一気にトップ10圏内に入ってきた。

衝撃…全米オープン開催コース近くで飛行船が墜落し爆発

6番からの3連続バーディなど前半だけで6バーディを奪った松山は、折り返しての13番でも約8.5mを沈めてバーディ奪取。トータル5アンダーまで伸ばし、現時点で8位タイ。首位とは2打差と出遅れを取り戻した。

現在のトップはポール・ケーシー(イングランド)、トミー・フリートウッド(イングランド)、ブライアン・ハーマン(米国)、ブルックス・ケプカ(米国)のトータル7アンダー。いよいよメジャーの頂が視界に入ってきた。


(1) 2 3 4 ... 54 »